最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

紀州山友会規約

《紀州山友会規約》
(総則)
第1条 この会は紀州山友会といい、事務所を和歌山市内に置く。
第2条 会は、和歌山県勤労者山岳連盟(以下、県連と称す)に加盟する。

(目的)
第3条 会は、労山の掲げる趣意書に基づいて次の活動を行う。
(1) 山へ登る仲間を増やし、山岳スポーツの普及を図る。
(2) 技術・知識の向上を図り、遭難を防止する。
(3) ふるさとの自然を守る。
(4) 働く仲間の登山の権利と生活を守る。
(5) 会員相互の友好と他会との交流を図る。
(6) 労山の加盟団体としての責任を果たす。
(7) 上記の目的を遂行する為に他団体と協力を行う。

(会員)
第4条 会は、山を愛し楽しみたい人なら、誰でも入会できる。
(2) 入会は、所定の手続きをもって、運営委員会の承認を得る。
(3) 入会金は、 1, 000円とする。
第5条 会員は、次の権利を有する。
(1) 会の役員を選出し、選出される権利。
(2) 会の資産を共有し、使用する権利。
(3) 会の行う山行に参加する権利。
(4) 会の行う各種教育を受ける権利。
(5) 会が行う各種処置の是非を問う権利。
第6条 会員は、次の義務を負う。
(1) 会の規則を尊守、会の団結を守る。
(2) 山のモラルの向上を図り、自然を守る。
(3) 会の例会に参加し、会費を納める。
(4) リーダーシップとメンバーシップを尊守する。
(5) 会が行う新入会教育を受ける。
(6) 会発展と運営の為に、個人の持つ能力を発揮する。

(役員)
第7条 この会に次の役員をおく。
  会長1名、副会長若干名、事務局長1名、リーダー局長1名、運営委員若干名、会計監査員1名
第8条 会長は、会を代表し、会の活動を総括する。
(2) 副会長は、会長を補佐し、会長が職務を執行できない時は、その職務を代行する。
(3) 事務局長は、運営委員会の議長を務め運営委員会を総括する。
(4) リーダー局長は、リーダー局を構成し、会の山行を総括する。また、山行の変更や中止を命じることができる。
(5) 運営委員は、財政・組織・自然保護・機関誌・県連への対応等、会運営全般に関わる活動について責任を持つ。
(6) 会計監査員は、会費が正しく運用されているか監査する。
第9条 役員の任期は、総会から次期総会迄とし、再選は妨げない。
第10条 役員は、総会時に立候補又は、三役から推薦する会員を選挙によって選出する。
第11条 役員の補充は、三役の推薦により、運営委員会の承認を必要とする。任期は次期総会までとする。
第12条 会員を、会の代表として上部・他団体に派遣した場合、その会員の言動は、会を代表し、会が責任を負う。但し、明らかに会の方針と異なる場合は、その限りでない。その基準と判断は、運営委員会で行なう。

(機関)
第13条 この会の機関として総会・三役会議・運営委員会・リーダー局会議を置く。
第14条 定期総会は、会の最高議決機関であり、県連総会後、速やかに会長が招集する。
(2) 会長は、必要に応じて臨時総会を招集することができる。又、会員の1/3以上の要請があれば会長は、1ヶ月以内に臨時総会を招集しなければならない。
(3) 総会は、会員の過半数(委任状を含む)の出席をもって成立する。但し、委任状の取り扱いは、総会決議のみとする。
(4) 議事は出席者の過半数で決定し、可否同数の時は議長が決める。
第15条 三役会議は、会長・副会長・事務局長・リーダー局長で構成する。
(2) 三役会議は、総会決定に基づき、会の運営を方向づける。
(3) 会長・副会長・事務局長・リーダー局長は、総会において出席者の過半数の承認を得て選出される。
第16条 運営委員は、執行機関であり、総会に次ぐ決議機関である。
(2) 運営委員会は、三役と運営委員で構成する。
(3) 運営委員会は、総会及び三役会議の方針に基づき、会の活動を具体化し、その実践に必要な企画や人員の配置を決定する。
(4) 運営委員は、総会で出席者の過半数の承認を得て選出される。
第17条 リーダー局会議は、リーダー局長及びリーダー局員で構成する。
(2) リーダー局は、会員の教育・技術向上・リーダー層の育成及び遭難対策の任務にあたる。
(3) リーダー局員は、リーダー局長の任命する者を総会で承認する。
第18条 専門部・専門委員会の設置は、三役会議の提案により、総会で承認を得なければならない。

(財政)
第19条 この会の財政は、会費・その他をもってまかなう。年会費は、12,000円とする。中途入会会員は残月数に1,000円を乗じるものとする。
(2) 同一所帯(夫婦・親子・兄弟姉妹等)の会員の会費は2人目以降は7割とする。
第20条 会費の長期(12ヶ月)滞納者は、本人の意思を確かめて、除籍することができる。
第21条 この会の会計年度は、毎年3月1日から翌年2月末日までとする。

(監査)
第22条 会計監査は、一切の会財政に係わる出納に関し、総会前に期日を定めて監査し、その結果を総会で報告する。但し、運営委員会が必要と認めたときは、臨時に監査することができる。
(2) 会計監査は、総会で出席者の過半数の承認を得て選出される。

 

(リーダーシップの保障)
第23条 山行中リーダーは、人権を侵さない事を前提に、山行中の全ての権限を有する。メンバーはリーダーの指示に従い、山行の安全に努めなければならない。

(山行計画の届出)
第24条 会員は、山行を計画する時には、所定の様式で、2週間前迄に届けなければならない。
(2) 計画書は、3通作成し、リーダー局・事務局長及び県連遭対部(統一登山本部)に提出する。

(禁止事項)
第25条 会は、次の山行を厳しく禁止する。
(1) 無届け山行。
(2) 単独山行。
(3) リーダー局が山行計画に承認を出さない山行。

(賞罰)
第26条 会の規約を著しく踏みにじり、会運営を混乱に陥れた者、或は規約第25条に規定する禁止事項を破る者は運営委員会で処分する。

(その他)
第27条 交通機関として自家用車を使用する場合は、事故等の責任については、会は責任を負わない。
(2) 車の提供及び運転については、個人の善意であり、事故の補償(運転者・同乗者・車等)については、保険給付の範囲とする。

(附則)
第28条 この規約の改廃は、総会で決定する。総会は、会員の過半数の出席で成立し、規約の改廃は、出席会員の2/3以上の決議を必要とする。
第29条 この規約は、 1988年3月27日より施行する。
               1994年3月27日一部改訂。
               1996年3月10日一部改訂。
               1997年3月 9日一部改訂。
               2006年3月12日一部改訂。

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)