最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

山行規定

《山行規定》

1.山行形式
山行形式は次の様に規定する。

(会山行) 
例会・・・総会で決定し、会員の登山要求を実現する為、会の方針に沿って、リーダー局及び運営委員会で取り組まれる山行。
トレーニング・・・リーダー局・運営委員会が決定企画し、会員の技術、体力向上の為に行なわれる山行。
合宿・・・総会及びリーダー局が決定企画し、日頃の技術レベルの向上の為のトレーニングの成果を見る為の山行。
公開山行・・・総会及び運営委員会が決定企画し、登山運動の発展拡大の為、公開募集で取り組まれる山行。

(自主山行)
自主山行・・・会員同士が会の枠の中での要求の一致した同志で取り組まれる自主的計画の山行。
有志山行・・・会員が個人の要求に沿って、会の枠を越えて取り組まれる自主的計画の山行。

県連盟主体に行なわれる山行は、その目的に準じ、他会の山行に参加する場合も、その目的と状況に準じて理解される。

2.山行計画と計画書作成
山行計画は安全登山を主旨とし、事前に調査・準備されなければならない。計画書は、会の所定の様式に基づいて作成を行う。

(1) 山域・山名
(2) 入山日程
(3) 目的と意義
(4) 入山形態
(5) エスケープルート
(6) 最終下山日時
(7) 最終荷物合わせ日
(8) 無線機の交信周波数 144.8 0MHz コールサインJJ 3・ZBZ
(9) 会事務所・会長連絡先
(10) 登山本部・県連登山本部
(11) メンバー表及び任務(性別・年齢・血液型・新特別基金口数・住所・電話・緊急連絡先・勤務先)
(12) 共同装備(品名・仕様・数量・重量・充填)
(13) 個人装備(品名・仕様・数量・重量)
(14) 食料計画(品名・材料・重量・充填)
(15) 医療品
(16) 概念図
計画書はリーダー局の承認を経て会長に届ける。

3.山行届
山行計画(幕営・縦走・小屋泊・積雪期等)は、所定の様式で2週間前迄に届けなければならない。
日帰りのハイキング・トレーニング・沢・登攀は、運営委員会あるいはミーティングで、三役かリーダー局員の承認が有れば許可する。
計画書は3通作成しリーダー局・事務局・及び県連遭対部(統一登山本部)に提出する。
但し、県連遭対部(統一登山本部)が設置されていない場合は、運営委員会かリーダー局員の中に登山本部を置く。

4.山行資格
山行の安全を期すため、会は、会員に教育を実施し、次の制約を定める。

① 無積雪期3, 000m級登山は、初級登山学校を修了した者とする。
② 冬山は、初級冬山学校を修了した者とする。
③ 冬山3,000m級は、ピッケル制動を施せる者とし、リーダー局が判断する。
④ 県連盟が開催する各種学校・教室への参加は、リーダー局の承認を必要とする。

5.労山基金(旧称・遭難対策基金)
山行トラブルヘの対処のため、山行内容により、次の基準で日本勤労者山岳連盟が運営する労山基金(旧称・遭難対策基金)に加入する事とする。

① 無積雪期アルプス登山 3口(年間 3, 000円)
② 岩・沢  5口(年間 5, 000円)
③ 雪山(日帰リハイキングはこの限りにあらず) 10口(年間 10,000円)

6.リーダー局員の資格とリーダー局の任務
(1)リーダー局員の基準
① 初級夏山教室程度の岩登り技術に必要な装備・ザイルワークを修得している者。
② 雪山の幕営の経験のある者。

(2)リーダー局の任務
① 各種山行を指導する。
② 山行計画書の審査を行う。

(3)次の山行にリーダー局は、リーダーを配置しなければならない。
① 合宿及び例会山行。
② 県連盟の要請に応じて計画される山行。

(4)リーダー局員以外の会員は、一般ルート以外の山行計画のリーダーにはなれない。
 (但し、リーダー局が認めた場合は、この限りにあらず)

7.山行禁止
会は安全のため、次の山行を禁止する。

① 無届け山行。
② 単独山行。
③ リーダー局が山行計画に承認を出さない山行。

8.下山連絡及び報告書
(1) 山行を終了したパーティは最寄りの電話で、登山本部に下山を連絡しなければならない。 
  パーティは帰和後、速やかに反省会を開き、所定の様式で報告書を作成しなければならない。
(2) 最終下山日時に間に合わなかった場合、登山本部は、速やかに会長と電話連絡を取らなければならない。
  三役不在の場合は、連盟理事長に連絡する事とする。会のトラブルで救援体制を取る時、全会員は参加する義務を負う。

山行規定 1991年 6月 6日施行
山行規定 1992年 3月15日改訂
山行規定 1993年 3月14日改訂
山行規定 1996年 3月10日規約優先文言整理
山行規定 1997年 3月 9日改訂

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)