最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

お楽しみ山行・その他イベント

2019年5月26日 (日)

2019.5.26 龍門山(チーズフォンデュ山行)

【コースタイム】龍門山駐車場8:10→一本松→田代峠10:10→龍門山山頂10:40(11:50まで休憩・チーズフォンデュパーティ)→明神岩12:10→一本松→龍門山駐車場13:50

【参加メンバー】ふくちゃん(L)・やまじゅん・さっちゃん・ベラ・ウッチー・マエチャン・むこちゃん・ノリ・にしやん・しょうじ・タニグチ・さち・かずさん・しばりん・みっちゃんおばけ(記)・一般2名

 令和元年 526日 晴天也。
 朝、8時現地駐車場集合で会員15名、一般参加2名で県立自然公園特別地域に指定されている龍門山(756.6M)に登って来ました。
 前日、最高気温32度を記録し、熱中症で何人も搬送されたと報じられており、当日も朝から気温はうなぎのぼりで、登山口までのアスファルトの道を数分歩いただけで、汗がダラダラと滴り落ち、ヤバイんちゃうんと思っていたが、登山道になると樹々のおかげで少しだけひんやり感じられた。最初の休憩で、早速服を一枚脱いだけど無駄な抵抗だとわかった。先頭、ベラさんにこまめな水分補給の休憩をとっていただき、ふくちゃんに塩飴いただき、地蔵さんに見守られ、小川のせせらぎ、鶯他小鳥のさえずりを聞きながら進んだ。
 田代峠、磁石岩を超え頂上に着いた時は、人知れず笑みがこぼれた。霞がかかっていたのか、私の目が悪いのか楽しみにしていた景色はあまり良く見えなかった。
 そして、そして本日のメインイベント!食担の方々が食材、なべ、コンロ、お皿、シート、串。食材は、ブロッコリー、ジャガイモ、人参、アスパラガスなど野菜類。ウインナーやベーコン、竹輪、あと色々。チーズフォンデュの作り方のレクチャーも受け、パーティの始まり。全てが美味しく、みんな満面の笑み。疲れも吹っ飛びました。しょうじさんに最後押し付けてすみませんでした。

S__32243718 S__32243720

 龍門山は、超塩基性の岩質から形成され、一部は蛇紋岩となって露頭が見られる。帰りは、露頭である明神岩により紀ノ川を眺望し、キイシモツケの白い小花が散房状に咲いているのに見惚れた。キイシモツケ群落は、環境省の特定植物群落に指定され和歌山県の天然記念物にもなっている。5月末から6月が見頃なので、是非オススメ。 
 途中、梨畑、柿畑、桃畑や琵琶、スズメバチの巣、謎の赤い花らしきものを見ながらちょうど予定時間に降りて来られた。

Kimg0233 Kimg0235

 400円で、あの美味しいチーズフォンデュがいただけたのは、食担の方々の見えない努力のおかげだと思う。久しぶりの登山で、不安だったが一緒に登っていただいた皆様のお陰で楽しい思い出ができた。やっぱ、山はいいな。そして山友会はいいな。
 但し、駐車場や途中にトイレが全く無いため帰りにスーパー松源さんのトイレに直行したのは言うまでもありません。

2017年5月31日 (水)

横山岳(サンドイッチ&お花を愛でる山行)

2017529

Lはちえもん やまじゅん さっちゃん ふくちゃん ゆいちゃん ゆみたん(記)

はちえもん邸を6:00発→木ノ本IC→9:10白谷登山口→10:40五銚子の滝→12:00横山岳13:30東峰→東尾根コース分岐→14:40東尾根コース登山口→15:40白谷登山口


 お天気にも恵まれ湖北に位置するこの山からは琵琶湖の竹生島もみえ、五銚子ノ滝までは、タニウツギ、ミヤマハコベ、ヒトリシズカ、カキオドシ等々ワイワイしゃべりながら花を楽しんで登っていた。

P1050951

 

P1050958

P1050955

Dscn1907

P1050950_3

 

 





































 

















 

 


 







                    五銚子の滝→





 後ろからさっちゃんに「こんなにゆっくり登ってたら着かないよ~お昼なしになるよ!」と言われ「はい頑張ります!」とは言ったものの滝からの急登は半端ではなくまだかまだかと急な登りが続く、続く、もう無理やわ~とおもったら横山岳(西峰)に到着しました。

P1050960

Dscn1913

 
























 



 

 早々にお昼ご飯。さっちゃんの用意してくれたサンドイッチはとてもおいしく感激しつついただきました。食後 山頂の小屋に備え付けられた梯子で屋根に登れば展望は素晴らしく、琵琶湖をはじめ白山もみえたそうです。そうだと言うのは私だけその小屋に登らなかったのです。

 足がまだ笑っているようだし、なんかボロボロの小屋でボロボロの梯子で心の中で(私はパス)とつぶやき好奇心よりも落っこちたら笑えないなとの気持ちが勝ったのです。

 登りの辛さに比べると比較的下りはなんとかなり下山後の温泉とソフトクリームの美味しかったこと!私にはかなりハードだったけど充実した山行でした。往復運転してくださったリーダーはちえもんさん、お昼の用意してくれたさっちゃんメンバーの皆さんありがとうございました。

2017年4月15日 (土)

2017.4.13 名草山(花見山行)

JR紀三井寺駅11:30-正行寺-一本松広場11:58-名草山頂上12:30-(13:25まで休憩)-見晴台-紀三井寺
13:55-JR紀三井寺駅14:20

さっちゃん(L)・さっちゃん父・くにやん(記)

名草山に行ってきました。桜がとっても綺麗でした。
頂上で、さっちゃん特製「煮卵ラーメン」&コーヒーうまし

17884364_1478619795522149_666005633

17884598_1478619735522155_813230017

17903451_1478619742188821_336272951

17904040_1478619748855487_604992505

2017年3月31日 (金)

2017.3.19 真妻山(チーズフォンデュ山行)

L:ふくちゃん・SL:かずさん・たまき・ウッチー・エイミィ・ひがちゃん・くみこりん・キーさん・すぎぞう・つっちー・ベラ・たけじい・
  くーちゃん・やぶっち・しばりん(記)

 3月12日、総会に参加した際、次週の山行で‘チーズフォンデュ’企画の食べ物に釣られ、参加表明。
 8:00 田井ノ瀬集合 晴天、参加者15名。会員の約半数が参加。みんなチーズフォンデュ目当て??とにかく大盛況である。 3台に分かれ出発。 3連休とあって、高速道路は混んでいたが、 1時間程で真妻山登山口に到着。

 歩き初めの大滝森林公園で、なんだか見たことのある雰囲気に気づく。そういえば、以前、友人と近くを通り、こんなところに公園があるなぁと、徳本上人初行洞窟まで散歩したことに気づく(遅!!)。歩いていると、蕗の菫を発見。ポカポカ陽気の中、春を感じる。洞窟までもしばらくは登りだったのは覚えていたが、その先もひたすら登りが続いた。山頂に到着すると少し霞んではいたが、360度景色を見渡すことができた。

 いよいよチーズフォンデュ♪ チーズフォンデュ♪リーダーのふくちゃんがチーズや野菜、ソーセージ等の色んな食材を準備してくれ、他メンバーもフランスパン、葡萄パン、ガーリックパン、お餅等を持参。某有名パン屋の食パンまでも!!しっとり、フワッフワ。それからそれから、この日、3月19日はくみこりんさんのお誕生日。ロウソク付きの本格お誕生日ケーキまでも登場。(山友会らしからぬ?)小洒落たご馳走でした。持参したレーションには目もくれず、全て美味しくいただき、完食。ごちそうさまでした。後片付けし、しばらくのんびり過ごす。日向ぼっこする人、携帯いじる人、コンパス片手にあの山は〇〇山、その手前が〇〇山と眺める人、ウロウロする人。。。思い思いに春の陽気を楽しむ。下山は御滝神社を通り、舗装道路をしばらく歩き、駐車場に到着。

 長い冬眠から目覚め、久々でしたが、楽しい山行になりました。久々の山行記録もなんだか食事の話ばかりになり、怒られそうですが、こういう企画もみんな望んでいるんだなぁと参加者の多さから感じました。また、暖かくなってきたので、今シーズンもせっせと山に登りたいと思います。素晴らしい企画と準備をしてくれたリーダー、他食材準備していただいた方々、車を運転してくれた方々、皆さん、どうもありがとうございました。

17353655_203509106801284_3293332953

17361869_203509123467949_5831993050

17361699_203509163467945_8275530765

17352147_203509193467942_1795845403

2015年7月 5日 (日)

2015.7.4 矢筈岳(サンドイッチ山行)

コースタイム: 和歌山-日高川町役場8:15-鷲の川駐車場8:45-登山口9:35-
         矢筈岳山頂11:17(昼食)-田尻城跡12:20-矢筈岳山頂-登山口
         13:55-鷲の川駐車場14:35-日高川町役場

参加メンバー:まくぞう(L)・さっちゃん(SL)・かずさん・たまちゃん・TNさん(一般参加・記)

 矢筈岳に登りたくて、山友会の行事に参加しました。日高川町役場で集合し、登山口へ。釣り場になってるところですが、今日は客もなく。
*写真はクリックすると拡大して見られます。

Img_1358_resolutionplus_5Img_1357_resolutionplus_5

 今回のリーダー、まくぞうさんは地元の高校の山岳部出身だそうで、矢筈岳のことも熟知、滝好きなために雨上がりの今日が本人的にはベストだったそうです。
                               

Img_1366_resolutionplus_2Img_1362_resolutionplus_3

 矢筈岳はシャクナゲの名所で本来は5月がいい時期ですが、今日は雲海が見られました。
今回の参加ノルマにサンドイッチにする食材用意があって自分もハム、トマト、キュウリを刻んで用意しましたが、あとは辛子を用意しておけば良かった。

 自分の参加目的は山頂から北東に進んだ田尻城でした。玉置神社(奈良県)の神官から紀伊半島の山中を西に進出し、足利幕府の奉公衆として日高川沿いに君臨した玉置氏の山城があります。                              

Img_1367_resolutionplus_2                        Img_1368_resolutionplus_3                              

 郭の外側にわずかに石垣の残る箇所もあります。実は私、関西圏を中心に山城遺跡を探してあちこち山中を徘徊しております。
こちらの行事にも時々参加させていただきたいと思います。

*今回は一般参加のTNさんに山行報告をお願いしました、ありがとうございました。

今回の参加メンバーは、全員矢筈岳リベンジ組です。
(山友会は去年大雨で頂上手前で撤退、TNさんも登る前に急用で引き返したとのこと)
無事、全員でリベンジできました(^0^)よかった~。
(写真左から)たまちゃん・まくぞうさん・かずさん・TNさん。
P7047244
田尻城跡で、山城遺跡に詳しいTNさんの野外講座を聞かせていただき勉強になりました。
P7047250

2014年6月19日 (木)

2014.6.7 矢筈岳(サンドイッチ山行)

                          矢筈岳
2014年6月7日  曇りのち雨のち曇り

頂上でサンドイッチを作って食べようという、山行につられてか(*^-^)12名の大所帯で行ってきました。お昼までは、天気がもつだろうと思っていたのですが、残念ながら、林道終点の木橋を渡って少しした頃から、ぽつぽつと雨が落ち始め、頂上手前の岩稜が見える頃には、大粒の雨で、登山道もあっという間に沢状態になってしまいました。撤退でーす。・゚゚・(≧д≦)・


11dsc00517_2


鷲ノ川ノ滝、ヒルがいましたw(゚o゚)w ここの遊歩道は暖かくなる前にきたほうが良さそうです

22dsc00518


頂上では出来なかったけど、駐車場近くの岩魚の管理をしている?小屋を貸して頂きサンドイッチパーテイー?をしました。かわのパンにトマト、生ハム、チーズ、レタス。ポテトサラダを作ってきてくれたKUーさん、あんこを持ってきてくれたSEさん、みなさん色々な具材を持ってきてくれてすごーく美味しかったです。サンドイッチ山行良いね(o^-^o)   記 いまちゃん

2011年4月18日 (月)

2011.4.17 ~県連交流山行~ 岩湧山

 岩湧山

 参加者 23

 平成23417日(日)

 寒い寒い冬が終わり、桜も咲き誇りやっと春めいてきた4月中旬、遠のいていた山登りにもそろそろ復帰しようと県連交流山行に参加させていただいた。

 649分、和歌山駅発のJR和歌山線。各駅停車でゆったり~マッターリ~、満開の桃の花や菜の花畑を眺めながら、久々の山行でメンバーとのおしゃべりにも花が咲く。橋本駅で高野線に乗り換え、紀見峠駅に到着し、他山岳会の方々と合流。挨拶後、登山開始。

歩き始めて間もなく、急な登りとなり、ひたすら登る、登る。荷物は軽くしたつもりであったが、久々の山行で足腰に結構堪えた。3合目で小休憩。ここでダイヤモンドトレイルと合流。 

入会後、その美しい名前につられ?初めての縦走、ダイヤモンドトレイル。暑く長く辛かったなあ… と思い出す。 

3合目を過ぎてからは急な登り下りもなく、春の心地よい風を体に受けながら頂上まで気分よく歩いた。

 頂上ではすき焼きでホッコリ。ぜんざいのデザート付き。永い目のお昼休憩で、話もはずみ楽しい時間となった。頂上で大阪湾バックに記念撮影し下山。

 久々の山行でしたが、お天気にも恵まれ山の空気は心地よく、マイナスイオンをたっぷり浴び爽快な気分となりました。そろそろ山行復帰です!

 実行委員の皆様、お疲れさまでした。ありがとうございました。

記: しばりん

2011年4月17日 (日)

2011.4.17  岩湧山で交流山行

紀州山友会は和歌山県勤労者山岳連盟(略して県連と呼んでいます)に加入しています。県連に加入している他の山岳会との交流を目的とした山行が、大阪府河内長野市の岩湧山で開催されたので参加してきました。

4月17日(日)朝8時30分、南海紀見峠駅前に集合して総勢23名で出発。皆それぞれ、山頂の宴会で使う鍋やコンロ(山用の携帯コンロではなく家庭用のカセットコンロでした)、食材などを振り分けて持ちました。最初から結構登りがきつく、頼まれたわけではないけど水を4L半も持ってきたことをちょっと後悔。いやいや、4月末に予定している大峰縦走のトレーニングのつもりで、ここは頑張らねば(;´д`)トホホ…。

約3時間の登りで山頂に到着。天気が良かったので写真を撮っておきました。それからいよいよ宴会の準備、手際の良い女性陣のおかげでいくつもの鍋を使ったすき焼きが次々とできてきました。しかも生卵とうどん付、食後のデザートに餅入りのぜんざいまで。私は残念ながらぜんざいまではたどり着けなかったけど(泣)。

たくさん食べてたくさんしゃべって楽しい宴会もお開きとなり、頂上真下のトイレに寄ってから下山開始。このトイレは山にあるとは思えない、そこらの公園の公衆トイレよりきれいなくらい立派なトイレなのだけど、なぜか手を洗うところがないのです・・・ここで私が持ってきて余っていたペットボトルの水を手洗いに使ってもらうことに。役に立って良かった~。南海紀見峠駅前に16時前に到着し、ここで解散。同じ山友会のメンバーと電車に揺られ揺られて17時半に和歌山駅に着きました。

                                    記 さっちゃん

Photo_7 Photo_8