最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

四国・九州の山

2018年11月26日 (月)

屋久島 宮之浦岳縦走 2018

 屋久島縦走は、2014年以来、何回か計画していたが、出発したものの自分が現地で発熱したり、出発以前に、飛行機が取れずに没になったりと、計画倒れが続いていた。そして今回やっとリベンジを果たした。
 雨の名所といわれる屋久島の天候が安定するのは11月というアドバイスをしてくれた方がいたので、時期は下旬の3連休を選んだ。ちなみに、タクシーの運転手さんのお話では屋久島登山が最も多いのは5月、10月とのことで、我々の日程はシーズン最後らしい。
 3連休で効率よく屋久島を縦走し、縄文杉見学、さらに屋久島の食や温泉までも楽しむのはなかなか難しいが、先輩の計画を参考に次の日程とした。黒味岳、永田岳は時間を見ながら登頂をうかがうことにしていたが、永田岳は見送った。

 11/23(金・祝)大阪伊丹発11:05→(直行便)→12:55屋久島、Gホテル泊
 11/24(土)  ホテル4:10→(タクシー)→5:00淀川登山口5:15→
         (黒味岳往復・宮之浦岳)→16:30新高塚小屋泊
 11/25(日)  新高塚小屋4:05 → 縄文杉 → 10:30荒川登山口→(タクシー) 
          → まんてん温泉 → 空港14:55→(直行便)→16:25 伊丹空港

 節約を考えて、某大手旅行社に、三か月前の飛行機の一斉予約日に直行便の航空機のみの予約を依頼したが、1席も取れずとのことで、結局その社の割高のツアーを申し込む羽目になった。時間がたっぷりあれば、もっと安価なフェリー、高速艇、自動車などいろんな方法があろうが、時間のない我々にはこれしかなかった。セットのGホテルの夕食は地元の美味珍味を堪能できた。
 気になるトイレ問題については、淀川小屋と新高塚小屋にはトイレが設置されているとのことであった。淀川小屋では使用可能のようであったが、新高塚小屋では一つが故障、もうひとつは流すための水が不足しているとのことで初め使えなかった。携帯トイレは現地で2個買ったが、私は使用せずにすませた。
 登山道全体についてだが、整備されていて、崩れているところなどはないが、基本的に岩からできているの山なのでところどころに岩が露出し、お助けロープがある。また、木道(木の階段)が多く、時間がかかる。場所によっては長いところにあるのですべると危ない。慎重な歩行が必要だ。

登山のあらまし
 Gホテルからはタクシーで淀川登山口へ一時間。登山口にはレンタカー、自家用車が停まっており、係員に入山・山中泊料金2000円を納めると、「寒いのでどうぞ」と、カイロをくれた。ここからはヘッドランプの明かりを頼りに歩くが、ルートは明瞭で問題はない。すぐ着くと思っていた淀川小屋は意外と遠かった。次のポイントの「花の江河」をめざして登っていくと、手前に「小花の江河」という小さな湿地帯があった。タクシーの運転手さんによると、屋久島は花崗岩の岩盤でできているので水がしみ込んでもまた湧き上がり、湿地帯をあちこちで作っているとのことだった。さて、本物の「花の江河」は湿地帯であるとともに四方から登山道が集まる場所で、明るく開けていて、正面に岩を載せた山(これから登る黒味岳だった)がひかえていた。ここを出ると少しで黒味岳分かれにつき、空身で黒味岳を目指す。途中、結び目付きのお助けロープを使って登る岩場が数か所あった。難しくはないが、岩に対する慣れが少し必要だ。特に凍っているときはちょっと手こずるかもしれない。
 黒味岳は屋久島の山々がほとんどそうであるように、丸っこく浸食された花崗岩を上部に載せている。見に行こうとすると、そこにいた女性が「頂上からは宮之浦岳、永田岳の景観が良いですよ。」と教えてくれたが、山頂に着いた時には、ちょうどその方向にガスが出てきて見られなかった。
Bakzyrd2vdpf6fp1544181876_154418195
2018_181207_0017
 黒味別れに戻り、いくつかの1800mの山々を巻きながら縦走を続けるが、ところどころにロープを使って登り降りする場所があった。またそれぞれの山の山頂、稜線には大小様々な形の岩、巨岩、奇岩が載っている。豆腐を切っているように見える「トーフ岩」「げんこつ岩」(くずれてげんこつには見えなかったが)「翁岳」の山頂には3つの巨岩が並んでいる。(巨岩が3つに割れたもの)。登山道は明瞭だが、シャクナゲと笹の間につけられた道が多い。5月にはこのシャクナゲ目当てに登山者が多数訪れるとのことだ。最後のちょっとした登りを登りきると、宮之浦岳の山頂だ。「ええっ」「ここが宮之浦岳?」「本当に着いたの?」と、それまでいくつかのピークを通過し、コースタイムと大分ずれていて今どのピークを越えたのか分からなくなっていたので、驚いたような声が響く。
 山頂から永田岳への分岐点である焼野三差路まで500mとのことだったが、これも結構長く30分くらいかかった。さて、分岐につき、余裕があったら行きたい屋久島第二の永田岳はよく見えているが、時計とにらめっこ。私が持っていた2014年の昭文社の地図では往復90分だが、抜きつ抜かれつしていてときどき話していたガイドの話では結構急で険しく、2時間はかかるとのこと。新しい2018年の地図でも2時間になっている。これを往復すれば小屋に着くころには日が暮れる。道は危険はないとのガイドの話だったが、相談して永田岳は見送ることにする。
Uadv8e_xr3ab5jv1544181703_154418180
 新高塚小屋への下山途中にも面白い形の岩を載せた山がある。「ゴリラ岩」「サングラスのや○さん」とか、勝手に名前をつけながら下る。近づくとこのゴリラがだんだん目をつぶって寝顔に変わっていった。小屋までも降りにくい木道、段差の道が続き、永田岳を見送ってよかったと思った。
 小屋は混雑しているとのガイドの話であったが、のぞいてみると二階は空いていて、その一室がちょうど5人によさそうだったので、テントを張る手間、撤収する手間を省いて小屋に泊まることにした。水については、電話でガイド協会に問い合わせたとき、「水場はありますよ。」との元気な返事が返ってきたが、実際の水場は最近の少雨のせいかチョロチョロだったので、2Lの水筒に入れるのに5分程度かかった。 
 α米、そばなど、めいめい用意した夕食をとり、焼酎、日本酒で乾杯。小屋の注意書きにしたがって、食料品をネズミに食べられないように袋に入れて、紐に吊るして就寝する。
 翌朝もカップめん、α米などですませ、10時に予約したタクシーに遅れないように4時すぎに出発。しかしまずはこの旅の一つの目玉、縄文杉を見なくてはと、高塚小屋を素通りし、見学ポイントへ着く。そしてどこだどこだとさがすと、あったあった、ちょっと離れているが大きな白い姿が見えた。しかし悲しいかな、まだ時刻は5時半。ぼんやりと白く浮かび上がって見えるには見えるが、写真で見られるような迫力ある姿には程遠く、残念であった。縄文杉を一周する木道もあったが、時間が押しているので残念ながら看板の前で記念撮影のみですます。 その下の夫婦杉、大王杉も暗い中で見た。さらに下山すると、次第に明るくなり、ウイルソン株では、中に入ってよく写真にあるハート形の写真を撮ることができた。
 そして次には、いよいよトロッコ道が始まった。鉄道の間に板が敷いてあるので、格段に歩きやすくなる。走ろうと思えば走れるので少し走ってみるが、ひざに悪いので止めておく。トロッコ道に入ってからも、いかめしい顔のような模様の仁王杉、三代にわたる杉が積み重なっている三代杉などがある。
2018_181207_0045
Xnzd_bgxynfq3yj1544181995_154418204
 また、昨日もふくめてここまで、登山道近くに何度も屋久鹿が現れ、人が近寄ってもほとんど逃げずに草を食んでいた。近寄って見ると目がクリっとしてほんとうにかわいい。ヤクザな屋久猿にも会いたかったが、残念ながら会えなかった。
 荒川登山口には予約の10時を30分遅れて到着。待機料金は1時間ごとに6000円とのことだったが、半額にしてくれた。この運転手さんは行きの時も同じ方だったがとてもいい人で、1時間ずっといろんな話をしてくれたり、質問に答えてくれたりした。観光ガイドができそうな人だなあ、きっとやっておられるだろうなとか、後で噂をした。
 下山は少し遅れたものの、空港前にある天然温泉で1時間ゆっくりし、空港レストランで乾杯してトビウオ丼、鹿の焼肉御膳などを賞味。私は鹿を食べたが、「さっきかわいい鹿をみたのにー!」「かわいそー」と非難されたので、「そんなこというなら、おいしいから一切れ食べて見たら?」と食べさせることによって、仲間に引き込むことにした。
2018_181207_0010
 屋久島は、観光化されている部分もあるかもしれないが、深部は手つかずらしい。荒川登山口から縄文杉への道も往復10時間あり、トロッコ道から上は決して歩きやすい道ではない。数々のこぶをもった杉の大木、苔むした切り株など、まだまだ神秘性を残して、保護されている島のようである。今回は訪れていないが、白谷雲水峡、モッチョム岳、タッチュウ岳、海中温泉・・と訪れたいところが多々ある。できれば一週間くらい滞在したいところだ。
 

2018年3月31日 (土)

阿蘇くじゅう国立公園九重連山 山行報告

参加者ディスカス(記)、友人(一般)(計2人)2018326日(月)天候快晴

 里帰り中(大分)326日(月)佐伯市AM4時半に出発。今回は息子と娘を連れてハイキング気分で行く予定が、前日、兄の家族とバーベキューをしながらお酒を飲み過ぎて、息子、娘に、明日4時半は無理とハッキリ断られ、仕方なく、幼なじみの友人を誘い2人で行く事になり、ハードな山登りになるなと、覚悟を決めて九重町牧ノ戸峠登山口へ出発。(幼なじみの友人は、私より、ずっとパワフルな九州男児)

 途中で、由布岳ドライブインで休憩、そびえ立つ由布岳【豊後富士と呼ばれている)を見て迫力に感動。次回は絶対に登る。九重町に入り阿蘇へ続くやまなみハイウェイ(牧ノ戸峠までは、曲がりくねった道)を走り、車中から九重町のメイン観光、温泉旅館、温泉ホテル、地元の色々なタイプのお店見ながら640分牧ノ戸峠登山口レストラン駐車場に到着。

 とても広い駐車場 重いザックを、担ぎAM7時登山スタート登り始めて15分位は道も良くスムーズでしたが、少しずつぬかるみがありゴツゴツした岩石があり、小さな梯子の下りもありながら、標高1700m位にある九重山の中心にある山小屋に到着。まづは、九州本土最高峰中岳へ、急な岩場をゆっくり登り940分頂上に立つ(九州本土で一番高い所にいる自分に感激)次に、天狗ケ城ここも急な岩場あり頂上に。2つの山には、私たち以外誰もいない。

36953736_2

 次は久住山ですが、その前に、避難小屋や遭難者石碑?昔の噴火口、色々な道を歩き回る(足を使いすぎ)みんなが、登る一番有名な久住山へなだらかな山で道中は砂利の中を歩く、頂上は岩山で、登山者は私ら含めて
10人程です。みんな写真を撮ったり景色を眺めたりとても楽しんでいました。私は40年以上前、久住高原でキャンプして以来(当時高校生)一人感動に浸る。

37213706_2


3735

 頂上にいる時、娘から(いまどこ、いつ帰ってくる、早く帰ってこい)TELあり急いで下山する事になる。山小屋までは、足はきついが大丈夫だった筋肉が、悲鳴を上げ始める。山小屋から降りる道中、石がゴロゴロしている登りで左内腿の筋肉が痙攣して左足に重心をかけると歩けない状態になり、自分でマッサージして何とか登り、後はほぼ下り坂、足を気遣いながら登山口へ到着。実家には、4時到着、みんなで、有名な大分の唐揚げを食べに行く。(もちろん最高)

 今回山行は、天気最高頂上からは阿蘇山、由布岳、他の山々(知らない山)も見えて超感動九重山は、山好きな人には、楽園みたいな山です。季節により、いろいろな姿を見せてくれると思います。一日で全ての山に登るのは、時間と体力が持たない。今回九重山登山での、反省は、山の形でどの山か、見分ける事が出来れば良かったこと、もっと石の上を歩くトレーニングが必要だった。(水のない川を長時間あるくとか)紀州山友会で少しづつ力をつけていきたいと思います。和歌山で、山の仲間を、見つけたい!楽しいハイキングレベルの山を歩きたい!真剣に山と向き合いたい!そんな人は、紀州山友会の門を、叩いてみましょう。

2017年8月 7日 (月)

四国・剣山

      2017年8月5日(土)夜~6日(日) 曇り・雨・晴れ
         Lふくちゃん・いまちゃん・ゆみたん・ベラさん・くみこりん
 和歌山港 21:40発 徳島港 23:55着 道の駅・温泉の里神山8/6・ 1:00頃着 6:40発
 見ノ越P 8:10着 8:30発 西島駅 8:46着 8:56発 剣山 10:04着 鎖場・黄蓮華升麻の群生地
 10:43  西島駅11:30 見ノ越P 11:50 台風接近の為13:25徳島港発を最後に欠航・神戸・淡路
 鳴門自動車道に変更
  
 台風が接近していて、帰りは欠航するかも?明日は雨が降らなければ良いけど等々、色々思い煩いながら
 出発。  案の定、船は揺れる揺れる、薬のお陰で、皆船酔いをせずに、2時間ほどウトウト(-.-)zZ
 徳島港近くのコンビニで、買い物をしていると雨が降ってきた(;д;) そんなー
 1時間ほど走ったところの、道の駅でテントを張る。屋根も有り、洗面所も有り、明るい、有り難い。
 テントを張る頃には、雨も止み、お月様も、、、、前途は明るいかも、、、とこのころは思っていた。
 朝ごはんを済ませ、1時間半ほどかかって、ぐねぐねの山道、細道を登って、見ノ越Pに着く。途中の山道から虹
 が久しぶり、、、何年か前の笠ケ岳に行く時にも虹が見れたが。今回も綺麗な虹がヽ(´▽`)/
 あれー(;д;) またまた、雨が降ってきた。段々強くなってくる。台風も迫ってきてるから、待ってもいられず
 カッパをきてリフトで上がっちゃいました。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
 リフトの側には、たくさんの綺麗な花が名札付きで、今日のお目当ての黄蓮華升麻も群生していました。
 西島駅のトイレはやっぱり、目がしみるぽっちゃん便所ヾ(*゚A`)ノ
 トイレ横から緩い傾斜の登山道を選び、登って行く。 小雨にはなってきたが、ガスっていてまわりの視界0ゼロ 状態(´・ω・`)ショボーン でも花は多い山でした。剣山頂上付近は木道が、雨で濡れていたが、そう滑らずに済んだ。今日のお目当ての花、黄蓮華升麻は刀掛から降りて行くのですが、今回の山道で一番悪路でした。
 台風が接近している割には、登山者が多い。私達もそうだが、、、、
 帰りもリフトで降りたが、横の登山道を降りて行く登山者が見える。下山は歩いて降りたほうが良かったかも
 見の越に着いた時に、徳島フェリーから、欠航の連絡が最後の便は13時20分、、、間に合うかもと、温泉も入らず、急いで帰り支度を。高速を使ったが、板野ICで間にあわないと諦め、神戸・淡路・鳴門自動車道に変更して 帰ってきました。
行きも帰りも運転して頂いた、くみこりん、ふくちゃん有難うございました。

                                            記 いまちゃん

Dsc01678_2


Dsc01680


Dsc01681


Dsc01683


Dsc01684


Dsc01685_3


Dsc01686


Dsc01687


Dsc01688


Dsc01689_3


Dsc01694


2015年11月23日 (月)

2015.11.21 石鎚山 日帰り山行

2015.11.21  快晴.無風    Lさっちゃん. SLさっちゃん夫. まくぞう. たまちゃん
 
コースタイム
8:40下谷駅 ~ 8:50成就駅 ~ 9:16石鎚神社成就社登山口 ~ 11:10 2の鎖  ~11:45石鎚神社頂上社(弥山1974m) ~12:07天狗岳(1982m) ~12:22頂上社  ~14:30成就駅 ~14:43下谷駅 ~14:50駐車場

 和歌山駅東口1:30出発し和歌山港2:40のフェリーで徳島港5:00着コンビニで朝食をとり徳島ICへインター入ると6:00迄徳島道通行止、どうする.ここで待つ先へ進んで美馬ICで乗るか.待つより先へ、とことこR192を美馬迄ここからいよ西条ICで下り、R11から県道12号をへて下谷ロープウエイ駅に駐車場到着が7:50、 8:00始発乗る予定が、この時期変更で8:40でした。
 成就駅までの7分閒の視界は紅葉も進み見ごたえのある情景の中高度を850m上げ、成就駅横の展望所からの眺めは、又凄い、下界が雲海の中に天空のマチュピチュでした。駅員さんもこんな景色は珍しいと。石鎚山の紅葉は噂では、凄く綺麗だよ!!と聞いていましたがそれに加えて、この雲海久々の感動でした。(写真はクリックすると拡大します)

                (写真左から)たまちゃん・まくぞうさん・さっちゃん夫

Pb217275

 ず~と眺めていても飽きませんが、40分の遅れが有る為先に石鎚神社中宮成就社へ、無事を祈願して神門をくぐり、ここからが登山口で最初は緩やかな坂が八丁坂を過ぎると名物の鎖、試し・1の鎖・2の鎖・3の鎖が、試し、1の鎖をパスして2・3の鎖にトライする事に2の鎖を登りきった所で、左太股(大腿四頭筋)に痛みが、ワ―どうしよう・リーダーに下りる事考えておかないとね!無理しない!迂回路を行こうと、それにしても弥山迄の階段は、足に堪えました!少し休ましてもらい、それでなくとも遅れている事で、帰りのフェリーが頭をよぎる!!取敢えずは、西日本最高峰(天狗岳1982m)を走破したい一心!

                 2の鎖を登る、たまちゃんとさっちゃん夫。

Pb217277

          

                 3の鎖。これを登りきると石鎚神社頂上社!

Pb217279

 リーダーのお蔭で天狗岳の証拠写真に納まり、すぐさま弥山(石鎚神社頂上社)に無事下山出来る様お願いして、一路 成就駅に石鎚山を振り返りつつ下山して来たんですが、帰りには雲海は消えてました。朝の神秘的で、とても現世にいる様には思えない感動を!! リーダー初め、メンバーの皆さんに助けられ山行出来た事に感謝!!

Pb217281


Pb217282


 帰りは帰りで、吉野川SAで、さつま芋ソフトクリームに又時間ができ、徳島港近くで食べた事のないラーメン.徳島ラーメンにチャレンジ.見た目はコテコテの真つ茶なんで、ドンナンやろうと口にすると、全然あっさり味の美味しいラーメンにありつけ、徳島の味覚も教わって足は痛かったですが、ルンルンで帰和の途に。お世話に成りました。
                                                                          
                                                                                                          
                                     記 たまちゃん

*今回かかった交通費:フェリー代 往復24,960円(たまちゃん予約で2割引)
                高速代(行き 吉野川~いよ西条、帰り いよ西条~徳島) 往復4,580円
                ガソリン代 4,320円 洗車代 1,000円 駐車場 500円
                ロープウェー代 往復5,770円(前回使用しなかった券を持っていって割引してもらう)
                1人辺り 10,282円 でした! 

2013年11月28日 (木)

2013.11.23~26 屋久島・屋久三山縦走

*この山行は紀州山友会創立40周年記念行事のひとつとして企画されました。

参加者9人(CL:さっちゃん・SL:はちえもん・かずさん・エイミィ・たけじい・やぶっち・ゆみたん・やまちゃん・一般参加[旧会員]:N坂)

------------------------------------------------------------

23() 和歌山7:10=伊丹=屋久島空港=紀元杉バス停14:45  淀川登山口15:20 16:05淀川小屋
 

24(快晴) 淀川小屋4:40  花之江河6:20  黒見岳分岐6:40  黒見岳7:15→ 黒見岳分岐7:45 → 投石湿原8:15 投石平8:25  栗生岳()10:15  宮之浦岳10:35  焼野三叉路11:20 12:10永田岳12:25 →焼野三叉路13:10  第二展望台14:55  新高塚小屋15:30
 

25(強雨後曇り) 新高塚小屋6:50  高塚小屋7:50  縄文杉8:10  ウィルソン株9:30  大株歩道入り口10:00  楠川分れ11:10  辻峠12:10  白谷小屋12:55 13:50白谷雲水峡(楠川歩道入口)14:40=民宿

26日 観光後 民宿の車にて=屋久島空港11:50発=伊丹13:10着=和歌山16:00頃着

--------------------------------------------------------------

1日目)伊丹空港から屋久島空港へ路線バスを乗り継いで紀元杉付近が最終停留所!淀川登山口まで1時間程かかり更に40分で淀川小屋に到着!本日の行程はここまで!!明日は行程が長いので予定よりも早立ちするとCLの判断だ。


2日目)4時40分暗闇からのスタート晩秋なのでなかなか明るくなってこないのだ!

(写真は全てクリックすると拡大します)

Pb240365

黒味岳分岐に着き荷物をデポして空身でピストン!残雪と岩には氷が張っていた。ピカピカ光ってきれいだがつるっとすべる!緊張したなあ ご来光も拝むことが出来てみな満足顔!!

Pb240367

次は九州最高峰の宮之浦岳このあたりの山容は笹と石楠花と大きな白い奇岩がある!すれ違った方が晴天だから頂上から桜島と霧島が見えるよと聞いていた。我々も桜島の噴煙だけは見つけられた!

Pb240372

永田岳も空身でピストン往復2時間あとは新高塚小屋まで!!

Pb240379

張り紙がしてありここはねずみが出るらしい!!「ひぇ~こわ~」中には先客の3人のパーティーがいた。屋久島名産の三岳(一升瓶)が目に付いた「すご~い酒豪」我々も個々に食事を済ませ明日からの食料を袋に入れて天井に吊る事にした(ねずみ対策)早々と床に着いた。先客のひとりが「ねずみ」と言ったと思えば2階でやまちゃんも「ねずみ」と言う!寝袋の中でドキドキしながら目をとじては見たもののなかなか寝付けない。


3日目)予報どうり雨風がすごい明るくなってから出発した。皆、1日ぐらいは雨でも仕方ないよね!ここは屋久島なんだから・・・縄文杉・ウイルソン株・etcにカメラを向けるがレンズに雨がかかり上手く撮れない でも屋久鹿と屋久猿に何度も出会えた。少し小さめでかわいく小屋近くにも屋久鹿がいたとかで・・・

白谷雲水峡はかなりの水量でした。今夜は民宿泊まりでお風呂に入りあごの姿上げ(とびうお)とごちそうさまでした。

Pb250387

4日目)出発まで余裕があるので散策と土産物など買出しに出かけ一路和歌山へ!

今回、23,24日晴天で行きは上空からは四国の石鎚山など雪化粧しているのと桜島が見えたのも良かったな~

メンバーの皆さんどうもありがとうございました。

                      記 エイミィ