最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月27日 (日)

2019.1.11~14 八ヶ岳縦走(赤岳~硫黄岳)

1月13日 八ヶ岳縦走(赤岳〜硫黄岳)、赤岳鉱泉でテン泊し、初日はピッケル制動、急斜面でのアイゼンの使い方を教わり、2日目に赤岳、横岳、硫黄岳の縦走をしました。赤岳山頂まで急登が厳しく、Lの呼吸を意識して登るようにという教えのもとなんとか稜線までたどり着いた後は、これまた急坂の下り待ち受け、昨日練習したアイゼンを使いなんとかおりてきました。特に、横岳の岩場の下りは怖かったです。(記 mike)

S__2514951

S__2514950

2019年1月26日 (土)

2019.1.11~14 八ヶ岳

【山域】八ヶ岳
【目的】阿弥陀岳北稜ピークハント、赤岳・横岳・硫黄岳縦走
【人数】男5名
【行程】
11日:JR和歌山駅20:00→2:30美濃戸口3:00
12日:7:30美濃戸口8:40→9:40美濃戸山荘10:00→12:00赤岳鉱泉13:00→13:20雪訓15:20→15:40赤岳鉱泉20:00
13日:3:30赤岳鉱泉5:30→6:30行者小屋6:45→7:50阿弥陀岳北稜取付8:00→8:50阿弥陀岳山頂9:20→10:10行者小屋10:25
  →11:00赤岳鉱泉12:00→12:30ジョウゴ沢14:00→14:00赤岳鉱泉19:00
14日:4:40赤岳鉱泉6:50→9:30美濃戸口9:50→10:00もみの木温泉11:50→17:40JR和歌山駅

去年も阿弥陀岳北稜を目指したが、取付き地点で強風のため敗退した。今回はそのリベンジである。

11日
いつものJR和歌山駅東口に集合し、トランクに5人のザックをパンパンに積んで出発。
渋滞に巻き込まれず、2:30に美濃戸口に到着し、事前に予約していたホテルに泊まる。1泊2000円かかるが、ベットでぐっすり眠れた。

12日
起床して周りを見回してみると、去年に比べて圧倒的に雪が少ない。そして、暖かい。
日本山岳会の気象通知メールによると登頂日の13日は天候が良いとの予報で期待が膨らむ。
ホテル1階でトイレや荷作りをして出発。美濃戸山荘あたりから雪が出始める。
ゆっくりあえて傾斜の緩い車道を登り、バテないようにした。コースタイム通りに赤岳鉱泉に到着。テントを張って一服。
その後、赤岳鉱泉と行者小屋の間にある斜面で雪上訓練を開始。急斜面での3点確保、ピッケルやアイゼンの使い方、滑落停止を反復練習した。
雪が少ないため、何回か滑落停止していると地面が露出した。2時間ぐらい練習して、16時天気予報もあるため、切り上げテントに戻る。天気図を取りキムチ鍋を食べ就寝。

13日
起床してテントの外に出していた水を入れたままの鍋を見ると凍っていないではないか。夜中も相当暖かかったようだ。
キムチ味の雑炊を食べた。米は昨晩と朝食で6合炊いたが丁度良かった。5:30にテント発。去年も取付までは行っていたこともあり取付までは順調に行った。途中、2パーティくらい同じ阿弥陀岳北稜を目指している登山者がいたので、取付までは順番確保のためスピードを上げた。取付まで行くと先行1パーティがいて15分くらい待つことになった。ここでも風はほとんどなく暖かい。その15分間にロープを捌いたり写真を撮った。取付にはペツルのボルトが何か所か打たれてある。1ピッチ目は3級レベルの岩だったが、少しもろく、つかむ岩を慎重に見極める必要がある。終了点はピナクルかペツルのボルトを使用でき、2畳ほどのスペースがある。2ピッチ目は初めの3mの壁を越えたら、易しい階段状の岩を登り、最後は3メートルのナイフリッジを渡る。終了点はハイマツで確保した。その後、30mほどをコンテで登り9:00に阿弥陀岳山頂着。30分くらい山頂で行動食を飲み食いし、写真を撮ったりした。富士山や穂高連峰まで見渡せた。山頂からの景色を堪能したあと、中岳のコル経由で赤岳鉱泉まで戻った。
11:00に着いて1時間ほど飲み食いして余りにも時間が余っていたので、ジョウゴ沢へ行き、F3まで登りつめ、F1でトップロープを張りアイスクライミングの練習をした。当たり前だが、滑るし、支持点がわずかしかないので、岩よりも難しい。1時間練習してまたテントへ戻り、縦走組を待った。
14:30に縦走組がテントについたのでお茶を振る舞う。稜線もあまり風がなかったようだ。まるで春山のような天気。やることがないので、16時頃から登頂の祝い酒を飲みながら夕飯を作り始める。19:30就寝。

14日
4:40起床。真っ暗な中テントを撤収して日の出とともに下山開始。2時間40分で美濃戸口着。そのままもみの木温泉で汗を流し、
諏訪サービスエリアで昼食を食べ、17:40にJR和歌山駅東口着。

順調で快適な山行であった。次は赤岳の西壁主稜か石尊稜あたりを狙いたい。

Img_2343

Img_2350

Img_2357

Img_2364

2019.1.11 比叡山 回峰道

【コースタイム】
和歌山6:00=8:10坂本・観光駐車場8:15→8:20登山口→9:35大乗院→9:40無動寺明王堂→10:00ケーブル駅→10:25根本中堂→10:40弁慶水→10:40山王院→10:55釈迦堂→11:00峰道入口で休憩11:20→11:45玉体杉→11:55せりあい地蔵・横川への分岐→12:25横川中堂→12:45元三大師御廟→12:55元三大師堂→13:20滋賀医大墓地→14:20日吉大社・金大巌→14:40日吉大社・東本宮→15:05観光駐車場=和歌山

【メンバー】はちえもん・デナリさん・さちさん

ウィキペディアによると
千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)とは
滋賀県と京都府にまたがる比叡山山内で行われる、天台宗の回峰行の1つ。満行者は「北嶺大行満大阿闍梨」と呼ばれる。7年間にわたって行われ、1〜3年目は年に100日、4〜5年目は年に200日行う。
無動寺で勤行のあと、深夜2時に出発。真言を唱えながら東塔、西塔、横川、日吉大社と260箇所で礼拝しながら、約30 km を平均6時間で巡拝する。途中で行を続けられなくなったときは自害する。そのための「死出紐」と、短剣、埋葬料10万円を常時携行する。未開の蓮華の葉をかたどった笠をかぶり、白装束、草鞋履きで行う。満行後も。堂入り、京都大廻りなどの厳しい行が続く。

1巡だけなら、ピークを踏むこともなく比叡山の諸堂めぐりのような「回峰道」を歩いてみたいと以前から思っていました。
坂本で無料の観光駐車場に車を置き、無動寺坂を「明王院」へと登る。ここから「弁天堂」へ行くべきルートをケーブル駅へ入ってしまったが、そのまま東堂地域・「根本中堂」からへ向かう。700円の巡拝券を買ったけれど、根本中堂は工事中。「文殊楼」も立ち入り禁止で、「大講堂」・「阿弥陀堂」を通って、西塔地域へ。「弁慶水」にはつららを角に使った雪だるまがあった。ドライブウェイの上の橋を渡り、「山王院」「浄土院」から「にない堂」をくぐって、西塔の「釈迦堂」へ。お堂の右から峰道へ。峰道へ入ったところで一休み。巡拝券を買ったとき、窓口の人から、きっと峰道はすごい雪だから気を付けて、と言われたが、雪は少ない。「玉体杉」から京都市街を眺め、御所を遥拝する。「せりあい地蔵」から横川地域へ。山道から不意に駐車場に出ると「横川中堂」はすぐ。ここから比叡山中興の祖といわれる、「元三大師御廟」へ上ってから「元三大師堂」へ。これより横川行者道を歩いて日吉大社の奥宮、大岩のある金大厳へ降りた。さらに下って東本宮・西本宮にお参りして駐車場に帰る。

ルートは、ほとんどが車道林道で山道は一部しかないが、ほぼ7時間かかってしまった。行では260ヶ所で礼拝しながら6時間で歩くという。これを何百回!!!   あらためて恐ろしい行だと実感した。

Unspecified_2

Unspecified1_2

Unspecified2

Unspecified3

 










2019年1月12日 (土)

2019.1.6 龍門山

(L)ベラ・ふくちゃん・かずさん・エイミィ・ディスカス・しょうじ・にしやん・ゆみたん(記)

紀州富士とも言われる地元の山  龍門山に山友会の仲間8人で行って来ました🎵
風もなく寒さもまずまずおだやかな新年の山を楽しみました。龍門山の名前の元となった風穴を覗いたり
南北朝時代の戦場の跡だったらしいよなんて聞きかじりの知識でわいわい不確かな知識には必ず「知らんけど」をつける等々いい加減な会話に花を咲かせて今年の初登山も楽しく出来ました🎵

X2sfwu2ut9f2pnb1547295638_15472958014608





2019年1月 5日 (土)

2019.1.4 高見山

1月4日 アイゼントレーニングを兼ねて高見山に行ってきました。天候にも恵まれ最高の1日となりました。Lがだしを忘れて、塩味うどんになってしまいましたがとても美味しくいただけました。(記 mike)

S__2514948

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »