最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2018.6.10 初級沢登り体験をして(南葛城山 石川 クレン谷) | トップページ | 2018.6/30~7/1 白山 »

2018年6月30日 (土)

2018.6.26夜~27 迷岳(布引滝経由)

26日 20:30和歌山発=23:00唐谷橋手前駐車場でテント泊
27日 5:45発→平瀬橋→斜面を登るがルート違いに気づき引き返す→8:30作業小屋8:40→斜面を登るがルートから外れており下る→10:20崩落地通過→11:50布引滝の上12:00→13:05主稜線→13:20迷岳頂上→唐谷分岐→15:15林道終点→16:05駐車場=スメールで入浴=20:20帰和

参加者:はちえもん(L)・さっちゃん(記)

 今回は3人で行く予定でしたが、轟さんが残念ながらキャンセル。はちえもんさんと2人で頑張ってきました。途中ヒルには4度も遭遇するし大変でしたが、新緑と滝はすごくきれいでした。

 駐車場でははちえもんさんに車中泊を譲ってもらい(はちえもんさんはテント)睡眠もバッチリ。平瀬橋からテープはついており最初はそれをたどっていったのですが、どうもおかしいとはちえもんさんのGPSを確認して引き返すことに。ここの沢で最初のヒルに遭遇してしまう(すぐに払い落としたので血は吸われず)。ここから作業小屋へ向かって登るが森林作業用と思われるルートや鹿さんの通り道も混在していてわかりにくいテープもおそらくは作業用と思われるのが混じっています。ようやく作業小屋について休憩。ここから斜面をトラバースしていったのですが、気づかないうちにかなり上まで行ってしまったようでGPSを確認してまた急斜面を下って引き返しました。歩いているうちに靴下の中にもぐりこんだヒルに血を吸われてしまう(涙)。崩落地をトラバースし、途中のきれいな沢で美味しい水を補給してゆっくりしたいがヒルが気になって落ち着かずです。

P1070153

P1070159

P1070165

Kimg0113

 布引滝の上に上がって景色を楽しもうとしたらまたまた登山シャツの上から引っ付いているヒルが。ここから稜線に向かって真っすぐ伸びているルートがあり、道もちゃんとしていそうだったのでここを上がることに。尾根に上がってからザックを置いて空身で迷岳頂上まで往復させてもらいました。平日なので誰もいなくて静かなものでした。写真を撮って急いで、でも尾根から外れないよう慎重に引き返す。
 ここから最初の計画では飯盛山経由で下る予定でしたが、時間も遅れており足も疲れていたので、距離の短い唐谷ルートに変更。ようやく林道終点についてホッとしたと思ったら、登山シャツの下からお腹に引っ付いているヒルと最後の遭遇、もはや慣れてきて?無言で殺処分しました

 いろいろ大変なルートでしたが、今まで何度も登った迷岳の新たなルート、新たな一面を見られたし行ってよかったです(ヒル以外は!)。今度は秋に再訪したいです、リーダーありがとうございました

« 2018.6.10 初級沢登り体験をして(南葛城山 石川 クレン谷) | トップページ | 2018.6/30~7/1 白山 »

大峰・大台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018.6.26夜~27 迷岳(布引滝経由):

« 2018.6.10 初級沢登り体験をして(南葛城山 石川 クレン谷) | トップページ | 2018.6/30~7/1 白山 »