最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 春合宿 岳沢定着 前穂高岳・奥穂高岳・西穂高岳 | トップページ | 新人研修(不動岩) 相手の身を守ることの重要性  »

2018年5月16日 (水)

2018.5.14 伊吹山

コースタイム:登山口(8:40)→一合目(9:15)→五合目(10:40) →頂上(12:15)→頂上(13:00)→登山口(15:40)→あねがわ温泉(16:30)→あねがわ温泉(17:30)→和歌山着(20:10)

参加者:ゆいちゃん(L・記)・ふくちゃん(SL)・かずさん・ベラ・ウッチー・一般2名

去年の10月にも登ったのですが、頂上はガスっていて何も見えず、リベンジしました。前日の警報レベルの大雨で、中止になるか心配でしたが、伊吹山の天気予報では午前中にわか雨で午後は晴れ予報だったので決行。

 伊吹山の登山口では、自宅の前で車停めていいよと、手招きするおじさんがいましたが、すでに3台駐車してあり、やや停めにくそうだったので、遠慮して少し先の所にとめました。この辺りは一律500円のようですが、登山口から数メートルの所でチラシを配るおじさんが現れ、うちは300円で更衣室もあるよとの事。もっと手前で教えてくれたらなぁと、前回も思った記憶。「熊の目撃情報がありました」との放送をききながら、昨日の雨でかなりぬかるんだ道を進みます。晴れてきたのでもしかすると今日は絶景がみられるかもしれないと期待しましたが、5合目あたりでは頂上は雲の中。6合目手前の避難小屋のあたりは完全にミスト状態。お肌にはとてもいい環境です。あと、山肌一面に広がる霧の中のヤマカラシはとても幻想的です。8合目を過ぎると、やや急な登りになり、足元もゴロゴロとした岩場になります。物足りなさそうにしていた若者2名は「これこれ!ザ・山って感じ!」と嬉しそうにはしゃいでいました。やはりここへきて30歳の年齢差は大きいです。頂上はやはり濃霧で何にも見えません。売店で休憩、そのあとお花畑を周遊して下山する予定でしたが、景色も全く期待できそうになかったので、そのまま下山。

S__7593989_2

S__7593990

S__7593991

S__6864914

 

今回も絶景は見られませんでしたが、前回は登山はもうこれっきりにしようと思うほどきつかった体力レベルが少し上がっているのを確認できてよかったです。前回と同じ伊吹薬草湯に行く予定でしたが、月曜定休だったので、あねがわ温泉に変更。小学生未満お断りだけとあってしっとりと落ち着いた雰囲気で調度品なども豪華。目の保養になります。絶景とお花畑を期待してまたチャレンジしたいと思います。

« 春合宿 岳沢定着 前穂高岳・奥穂高岳・西穂高岳 | トップページ | 新人研修(不動岩) 相手の身を守ることの重要性  »

軽登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1444590/73499854

この記事へのトラックバック一覧です: 2018.5.14 伊吹山:

« 春合宿 岳沢定着 前穂高岳・奥穂高岳・西穂高岳 | トップページ | 新人研修(不動岩) 相手の身を守ることの重要性  »