最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2016.1.24 三峰山 | トップページ | 2016.2.17 高見山 »

2016年2月10日 (水)

2016.2.7 金剛山

2月7日日曜日6人で金剛山に登ってきた。
この日は千早赤阪村の皆さまが参拝客に豚汁を供してくださるということなので、持参した食べ物はおにぎりだけ。

和歌山市を7時すぎにでて、北宇智を経て小和登山口から登山開始したのは8:20
お天気も良く展望もきき途中の木々の間からは大和三山が見えた。
なだらかな道で汗をかくこともなく10時前にダイトレルートに合流した。
賑やかな拡声器の声が聞こえてきて、豚汁をどうぞー!の声に「待ってました!」とばかりに早速頂いた。温かいおつゆにほっこりする。ロープウェイで上がってきたらしき家族連れの人たちも多く結構な賑わいだ。
帰りにもまだ頂けるかも。などと欲張りなことを言いながらちはや園地を後にする。
展望台にもきっちり上がったがPLの塔が見えない。「リーダー!PLの塔が見えません!」とご注進。夏の花火を見に来ようと話していたからだったが、「いや、この先に見える所があるから」とリーダー。シニア登山家になるんや、と告知していたリーダー、楽しい企画をこれからもどんどん出してくれるらしい。

一の鳥居、葛木神社、転法輪時に来るとすごい人出でごった返している。
国見城趾(11:30)でははぐれないように気をつけなければいけないほどでビックリ。ここからはPLの塔がくっきり見える。テントを張って酒盛りしながら花火を見るんですね!
金剛山練成会名札掲示板の所に行って故人の名前を探してみたがやはり無かった。生きてらしたらもっともっと記録を伸ばしてたんでしょうにとちょっとしんみり。
下山開始、途中の急坂を懸念して私一人軽アイゼンを着けた。ザクザク雪を蹴って気持ちよく下る。帰途のちはや園地ではまだまだありそうだったので遠慮なく豚汁を頂いた。ごちそうさまでした。
和歌山帰着は15時頃だったか、楽しくお気楽な山行だった。

« 2016.1.24 三峰山 | トップページ | 2016.2.17 高見山 »

軽登山」カテゴリの記事

コメント

ブログ掲載ありがとうございます~
金剛山で花火見物か・・・いいですね、私も参加したい~。私も金剛山といえば真っ先に思い出すのが故人のお名前。
あえて、偲びながらも賑やかにやるのもいいかも。もちろん持っていくのは「三岳」の予定で(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016.2.7 金剛山:

« 2016.1.24 三峰山 | トップページ | 2016.2.17 高見山 »